20歳以上の人は国民年金に加入し保険料を納付する必要があります。年金は、老後に受け取るだけではありません。万一、病気やけがで障害が残ったときに、保険料を納めていなかったりすると、障害基礎年金が受け取られなくなる可能性があります。
 国民年金制度には、学生を対象として納付が猶予(猶予期間は受給資格期間に算入)される「学生納付特例制度」があります。本人の前年所得が一定額以下の場合、申請により保険料の納付が猶予される制度ですが、前年の所得額が一定額を超える場合でも、百乐门棋牌官网,百乐门电玩城下载2年2月以降、百乐门棋牌官网,百乐门电玩城下载感染症の影響によりアルバイト収入が減少し、保険料の納付が困難な場合は、同月以降の収入(見込み額)により臨時特例措置として学生納付特例の手続きが可能となりました。

詳細については、日本年金機構の次のwebサイトをご覧ください。
 https://www.nenkin.go.jp/tokusetsu/gakusei.html

 

Translate ?